2005年06月28日

ヘルニアの専門医へGO〜

動かしたくなかったが、専門医がいるのなら・・・少しでも歩ける希望があるなら〜都内まで遠くない。恋がもう一度、自分の足で歩いてくれるなら、その希望があるのなら、どにこでも行くという気持ちだった。

麻痺がひどいと言われているし、死の言葉も聞いているので・・・。

でも、この子を救うには、今、私には、この方法しかない事は、分かっているけど、歩ける可能性が出てきただけで、不安が無いわけじゃなかった。うれしいのと不安で・・・涙が止まらなかった。

最寄の駅から、犬友のお友達の車(RV)に乗せていただいて、病院へ〜。朝早くから、皆さん本当にありがとうございます。

病院に着き〜
診察室に・・・・。一人で聞くのも不安だった為、お友達にも一緒に聞いてもらうことにしました。







ニックネーム 恋&愛 at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/102963

この記事へのトラックバック